ニュース

福岡県のいちご「あまおう」の由来を知っていますか?

福岡県のいちご「あまおう」の由来を知っていますか?

「あまおう」とは福岡県産のいちごのブランド名です。「あまおう」の名前の由来は、「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字からつけられました。また、「甘いいちごの王様になれるように」という願いも込められています。   「あまおう」の由来|歴史 「あまおう」のはじまりは「とよのか」 福岡県のいちご栽培の歴史は古く、1920年代の後半からはじまりました。そして、品種改良を重ね、新品種「とよのか」を開発。この「とよのか」は、それまでに合った品種「ひみこ」と「はるのか」を交配してできました。 「とよのか」は大粒で香りが強く、適度な酸味と強い甘みが特徴で、その圧倒的なおいしさが評判に。この「とよのか」の登場で、福岡県はいちごの生産地として、注目をあびるようになりました。 しかし、「とよのか」には2つの弱点がありました。1つ目は「いちごの色の悪さ」、2つ目は「低温に弱い」ことです。

福岡県のいちご「あまおう」の由来を知っていますか?

「あまおう」とは福岡県産のいちごのブランド名です。「あまおう」の名前の由来は、「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字からつけられました。また、「甘いいちごの王様になれるように」という願いも込められています。   「あまおう」の由来|歴史 「あまおう」のはじまりは「とよのか」 福岡県のいちご栽培の歴史は古く、1920年代の後半からはじまりました。そして、品種改良を重ね、新品種「とよのか」を開発。この「とよのか」は、それまでに合った品種「ひみこ」と「はるのか」を交配してできました。 「とよのか」は大粒で香りが強く、適度な酸味と強い甘みが特徴で、その圧倒的なおいしさが評判に。この「とよのか」の登場で、福岡県はいちごの生産地として、注目をあびるようになりました。 しかし、「とよのか」には2つの弱点がありました。1つ目は「いちごの色の悪さ」、2つ目は「低温に弱い」ことです。